シンプルで人気の一日葬|直葬は葬式の中では比較的費用がかからない
ウーマン

直葬は葬式の中では比較的費用がかからない

シンプルで人気の一日葬

葬儀

喪主、参列者の負担を軽減

川口で葬儀をとり行うにあたり、一日葬を選ぶ人が増えてきています。一日葬は、通夜を行わず、葬儀から火葬に至るまでを一日で全て行う形式のものです。通夜がなく一日ですませられるため、喪主の肉体的、精神的負担も軽減でき、飲食接待費用や返礼品費用といったものも、その分節約できるのが特徴です。川口から遠く離れたところからの参列者も通夜、葬儀と日をまたぐことがなくなるため、宿泊などの負担を減らせます。また、葬儀の前夜は弔問客が訪れることもありません。家族や親族など、近しい間柄の人だけで、ゆっくり故人とお別れをすることができるのも、メリットと言えるでしょう。儀礼を簡略化しシンプルに葬儀を行いたい人、喪主が高齢などの理由から少しでも負担を減らしたい人、などに向いている葬儀スタイルです。

費用を抑えるための工夫

一日葬を選択し、費用負担軽減をしたい場合は、斎場選びで工夫する必要があります。川口では一日でも、二日分の使用料を設定している斎場が多くなっています。そのため、一日分の料金設定があったり、時間貸しをしている斎場を選ぶことで、一日葬のメリットを最大限いかすことができるでしょう。また、川口の小さめの斎場を利用することで、さらに費用を安くできます。そのためには、参列者の数を抑える必要が出てきます。近い親族や、親しかった友人などのみに葬儀をする旨を伝え、それ以外の人には身内だけでとり行うことを伝えておきましょう。参列できない人の弔問には後日対応することで、失礼になることを避けつつ、参列者の数を限定することができます。