男の人

直葬は葬式の中では比較的費用がかからない

故人の荷物を片付ける

複数のダンボール

亡くなった人が残した荷物を身内だけで全部片付けるのは、想像以上に大変なことです。今は不用品の処分方法が細かく決められていますので、専門サービスを利用するのが得策です。名古屋には評判の良い遺品整理業者がたくさんおり、多くの人が利用しています。

Read

信頼できる業者を選ぼう

男性

亡くなった人が賃貸住宅に住んでいた場合、なるべく早くそこを引き払う必要が出てきます。膨大な数の遺品を間違いなく整理し、住居の後片付けや掃除もきちんと行うためには神戸の遺品整理のプロの手を借りるのが正解です。

Read

シンプルで人気の一日葬

葬儀

川口で増えている一日葬は、通夜をしないスタイルの葬儀のため、喪主と参列者両方の負担を減らすことができます。また、葬儀前夜に近しい人だけでお別れがゆっくりできるのも、特徴です。一日や時間単位の料金設定がある斎場を選ぶ、小さい斎場を利用するなど工夫すると、さらに費用を安くすることが可能です。

Read

シンプルな葬儀のかたち

合掌

直葬という言葉は最近よく耳にするようになりました。直葬とは、一般的な宗派による葬儀儀式を行わず、身内のみで火葬のみを行う」こととされています。日本の場合、人が亡くなると死亡届を提出し、お通夜などの葬儀を執り行います。その後告別式を行い、火葬場で火葬したのち親族で法要を行います。たいていは葬儀屋に依頼し、こまごまとしたものを遺族間で相談しますが、故人の希望があったり、親戚に連絡したり大変なことも多い者です。また日本のお葬式は世界一費用がかかると言われる通り、一般的に葬儀には最低でも100万円ほどかかるものです。しかし直葬にした場合、費用は20万円前後ですむことから、経済的な事情から直葬というスタイルを選択する人が増えてきています。

直葬を選ぶ理由として経済的なものが一番大きいと思いますが、他には特に信仰している宗教などがない場合や、参列者が少ない(知人・友人・親戚など大人数を呼びたくない)などがあげられます。故人からの遺言が「葬儀はお金をかけずにシンプルにしてほしい」などの場合に直葬で見送ってあげることがあります。身内や近親者のみで心ゆくまでお別れをすることができる直葬ですが、呼ばれなかった親戚などからの不満や反感を持たれたり、葬儀が終わった後の個別の弔問が多数来てしまうなど、思わぬトラブルになってしまう場合がありますので、注意が必要でもあります。直葬は各葬儀屋でもいろいろなプランを打ち出しています。直葬は「小さなお葬式」というスタイルで増えてきています。